マインドセット マーケティング 鈴木しゅんの日常

強い光を放て

ドバイからお届けする鈴木しゅんのボスマガ

From:鈴木しゅん
六本木ヒルズ近くのスタバにて、、、

♪「愛撫」by 中森明菜を聞きながら、、、
https://youtu.be/GVZHWn70bpY

昭和歌謡曲好きの僕は中森明菜も
やはり好き。彼女の哀愁漂う歌声が
好きなのだ。

自分自身をどこか悲劇のヒロインとして
扱っている新宿2丁目のゲイにも明菜は
絶大な人気がある、、、

ここ六本木ヒルズそばにあるスタバと
TSUTAYAが合体したカフェからは、
昔マッチと明菜が同棲したと噂される
マンションが見える。

untitled

「ああ、こんなところで仲良く
暮らしていたのだなあ、、、」と
全くの他人である僕が何故か感慨深げに
そのマンションをジーっと見る。

彼女の人生って幸せなのだろうか、、、

マッチと別れた後、彼女は精神的に
病んでしまい、今は声も昔のようには
出なくなり、それでもディナショーなどで
今でも歌わなくてはいけない
経済状況のようだ。

その美貌は年齢とともに衰えていくのは
確実だし、こどももいないし、旦那さんも
いない。

まさに孤独。

実際の生活を見たわけではないのだけど、
イメージ通りの人生なら、彼女は幸せな
人生を送っているのだろうか、、、

人のこと心配するより、人のことを心配しろ!
と言われそうだが、中森明菜の歌を聞いていると
なんだか彼女の不幸まで歌に表れているような
気がしてきてなんだか気になる。

僕の大好きな吉田美和とは発する光が真逆。

吉田美和が陽なら明菜は完全に陰。

どちらも強い光を放つので、僕は大好きなのだ。

あなたも強い個性を世間に対して発してみな。

それがポジティブなものでもネガティブなものでも
それが尖っていれば、賛同者が必ず現れる。

もっともっと自分を表に。

IMG_0009-e1450804525796-300x225

PS.ガリガリ君ソーダ味が不滅の一位だったが、
ミルクリッチが突如その地位を奪い取った
PPS.iPad12.7インチと繰り返しボスマガで書いてしまっていたが、12.9インチだった、、、僕のディテールの低下に号泣。
PPPS.結局あっさりと12.7インチのiPadProセルラーモデルを購入。エリートの白仕様。
PPPPS.「お〜いお茶」だれだ、こんなネーミング考えたの。予想に反して大ヒットじゃねえか。

それでは、次回もまたお会いしましょう。
おたのしみにー。

最後まで読んいただき
ありがとうございました

ドバイからお届けする鈴木しゅんのボスマガ

★ご意見・ご感想をお待ちしています
https://jp.surveymonkey.com/r/M7SXSNN

About the author

鈴木 しゅん

ビジネスプロデューサー。 マーケティングエッジ株式会社代表取締役。 1974年3月12日生まれ。AB型。 ドバイバージ・カリファ98階在住。 ドバイと日本を行き来する経営コンサルタント。 会計事務所、Web制作会社、建設業、飲食業など各分野で勤務する経験を持ち、その幅広い経験を元にリアルビジネスのコンサルティング業務を営む。 現在18年以上黒字無借金経営を継続中。

Add Comment

Click here to post a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です